子犬のトイレトレーニングは共働きでもできる?その方法や期間は?

2022年9月4日

子犬のトイレトレーニング

共働きでも子犬のトイレトレーニングはできる?

子犬のトイレトレーニングの期間はどのくらいかかるもの?

子犬のトイレトレーニングを失敗しないための注意点は?

こんな子犬のトイレトレーニングに関する疑問についてご紹介いたします。

共働きでも子犬のトイレトレーニングはできる?

共働きでの子犬のトイレトレーニング

共働きをしているけど犬を家族にお迎えしたい。

しかし、家を留守にして犬が一匹で過ごす時間が多くなるのは大丈夫だろうか?

しつけも満足に出来ないかもしれない。そんなしつけの不安を抱えている飼い主さんも多いのでないでしょうか?

そんなしつけの中でもまず一番に覚えさせたいのがトイレトレーニングです。

トイレトレーニングがしっかり出来ていないと、仕事から帰ってきたら子犬のおしっこやフンで部屋中が汚れているなどの問題が起こってしまいます。

共働きの場合は常に子犬と一緒にいられる人と比べるとどうしてもトイレトレーニングを初めてから覚えるまでに時間がかかる場合があります。

ただし、犬がトイレに行くタイミングや行動、仕草などを注意深く観察し教えてあげれば、共働きでも子犬にトイレトレーニングを行う事は出来ます。

家にいる間は出来るだけ子犬の様子を見るようにしてトレーニングを行うようにしましょう。

まず、家にいる間に出来るトイレトレーニングをいくつか紹介いたします。

  • 犬がトイレをする時のサインを確認する(くるくる回るなど)
  • おしっこやフンをしそうになったらトイレまで誘導する
  • 排泄している間に「ワンツー、ワンツー」などの声掛けをする

声掛けで覚える事によって、その言葉でトイレをするように指示する事が出来るようになります。

  • トイレで排泄が出来たらしっかりと褒めてあげる
  • シーツを取り換えるなどトイレを清潔にする

この手順を家にいる間に繰り返すようにすれば、子犬はトイレの場所を覚えるようになります。

注意する点は、もしも仕事から帰宅した際に犬がトイレを失敗していても叱らない事です。

犬は時間差で叱られても何も理解出来ません。

これは褒める事も同じなので、トイレが成功した事を褒める前に、トイレを片付けてから褒めると犬は何に対して褒められているのか理解出来ません。

そのためトイレを覚える事に繋がりませんので、褒める時は犬が行動を起こしてすぐに褒めるようにしましょう。

また、部屋の中ではなく散歩やお庭など外でトイレを教える方も多くいますが、その場合はすぐに覚える代わりに、外でしかトイレをしなくなってしまいます。

外でしかトイレをしない事は一見良いように思うかもしれませんが、もしも雨の日や台風の時、犬が体調を崩した時など散歩に行けない場合、犬は排泄を我慢してしまいます。

トイレを我慢すると膀胱炎などの病気になる原因になります。

出来るだけ屋内でもトイレが出来るようにしつけましょう。

子犬のトイレトレーニングの期間はどのくらいかかるもの?

子犬のトイレトレーニング期間

子犬に覚えさせるしつけの中でもトイレトレーニングは最も早く覚えさせたい事ですよね。

しかし、犬も人間と同じように個性や性格があるために、覚える速度は犬毎に違います。

また、子犬の時に過ごしていた環境によっても覚える速度は変わると言われています。

例えばペットショップで過ごしていた場合、ペットショップは他の動物もいるためにケースの中で排泄してもすぐに片付ける事が難しい場合がほとんどです。

そのためケースの中でも決まったところではなく、色んな所で排泄するためトイレを覚えられません。

トイレを覚えにくい環境のペットショップで引き取った場合は、ほとんどの場合1からしつける必要があります。

しかし、管理の行き届いたブリーダーの元で育った場合は、子犬が排泄をした時はすぐに片づけてもらえる事が多いです。

犬はトイレと寝る場所は分けて過ごす習性があるので、しっかりとトイレと寝床が区別されたブリーダーの元で育った子犬は、引き取った後のトイレトレーニングも楽に行う事が出来ます。

また、トイレトレーニングは早く始めるほど短期間で覚えやすいと言われています。

一度色んな所でトイレすることを覚えてしまうと、一か所でトイレをする事を覚えるのに時間がかかってしまいます。

トイレトレーニングは最初の2週間の間が大事だとされており、子犬にトイレを覚えさせる期間は2週間~3週間が理想と言われています。

子犬のトイレトレーニングを失敗しないための注意点

子犬のトイレトレーニング失敗

子犬のトイレトレーニングを2週間行ったけどなかなか覚えられない、失敗が多い、なんて事があった場合、犬の個性や性格の他にも失敗の原因になる事がいくつかありますので、失敗の原因に繋がる注意点をいくつかご紹介いたします。

家に迎えてから部屋の中で放し飼いにしている

子犬を迎えた際はサークルやケージの中をメインに何日間か過ごさせるのがベストです。

トイレ成功のご褒美に部屋に放してあげるなどが良いと言われています。

子犬は最初、指定した場所ではトイレが出来ないので広い部屋で放し飼いにすると、至る所でトイレをしてしまい1か所でトイレを覚える事が難しくなってしまいます。

最初は決められた範囲にシーツを敷きどの辺りでトイレをするか確認してから、そこをメインのトイレとするようにしましょう。

トイレと寝床が仕切られていない・近い

犬は綺麗好きな動物です。

自分の寝床などのテリトリーは清潔に保ちたいため、トイレの近くに寝床を設置してしまうと、そこもトイレと認識してしまいます。

そのため色んな所で排泄をするのでトイレの場所を覚える事が出来なくなります。

寝床付近にトイレがあるのは犬のストレスにもなりますので、サークルにトイレを設置する場合は、少し距離が出来るくらいの広さのサークルを設置するようにしましょう。

子犬がトイレトレーニングを失敗した場合に叱る

子犬がトイレトレーニングを失敗した時に叱ってしまうと、トイレをすること自体が悪い事だと勘違いしてしまい、トイレを我慢してしまう、またはフンを食べて隠すようになってしまいます。

子犬がトイレトレーニングを失敗してしまった時は、叱らずにトイレを片付けてサークルに戻すなど冷静に対応しましょう。

子犬のトイレトレーニングまとめ

子犬のトイレトレーニング
  • 共働きでもトイレトレーニングは行える
  • 個性や性格、生まれた場所の環境によってトイレを覚える早さは違う
  • トイレトレーニング完了は2週間~3週間が理想
  • トイレは常に清潔に保つ
  • 子犬がトイレトレーニングを失敗しても叱らないようにする
  • トイレトレーニングが成功した時は目一杯褒めてあげるようにする

今回は子犬のトイレトレーニングに関する疑問についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索

犬の冬の寒さ対策の必需品!
  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬のトイレ
-