犬のトイレシートの最適な交換頻度は?毎回変えなくても大丈夫?

2022年7月23日

トイレシートの最適な交換頻度

犬のトイレシートの最適な交換頻度は?

犬のトイレシートを変えるタイミングはいつがいい?

犬のトイレシートは毎回変えなくても大丈夫?

こんな犬のトイレシートの交換に関する疑問についてご紹介いたします。

犬のトイレシートの最適な交換頻度は?

犬のトイレシートの交換頻度

犬のトイレシートの適切な交換頻度は、その犬の性格や大きさ、シートの種類、飼い主のライフスタイルによって異なります。

犬はきれい好きなので、汚れたトイレを嫌がります。

そのため、1回おしっこをしたシーツでは再びおしっこをしない犬もいます。

そういった場合は頻繁にシートを交換する必要があります。

そうしないと、犬がトイレではない場所でおしっこをしてしまったり、我慢してしまったり、トラブルにつながります。

また犬が大きいのであれば、必然的に出るおしっこの量も多くなるため、1回しただけでも交換する必要があります。

シートの種類も多岐に渡っており、基本的には1枚当たりの値段が高い物は吸水ポリマーがたくさん入っていたり、消臭成分が含まれていたりします。

逆に安いものは、吸水ポリマーが少なく、消臭機能も劣る部分があります。

飼い主が家にいる時間が長いのであれば、犬がおしっこやうんちをしたタイミングで交換が可能ですが、家にいる時間が短い方は当然交換回数も少なくなります。

基本的には、交換頻度を少なくしたい場合は、吸水力の高いシーツを選ぶ必要がありますし、頻繁にシーツを交換できるのであればそこまでの吸水力のあるシーツは必要ないでしょう。

一回のおしっこしかしない犬の場合はトイレシートを他の方法で活用してみてください。

おしっこをした所を切って残った部分を使います。

トイレシートは、おしっこをキャッチするだけでなく、犬のトイレ周りの掃除や犬が飲む水が入っているお皿の下などに引くとお手入れが楽になります。

廃棄したい油を吸わせて捨てることもできます。

以上を踏まえ、犬のシートの適切な交換頻度は、その家庭や犬によって様々です。

理想は、都度変えることが望ましいのでしょうが、犬と飼い主の程よい落としどころを見つけていくのがいいでしょう。

犬のトイレシートを変えるタイミングはいつがいい?

犬用のシートのパッケージに、何回分のおしっこに対応できるのか目安が書いてあります。

例えば、薄手タイプのレギュラーサイズであれば小型犬2~3回分、厚手タイプのレギュラーサイズであれば小型犬3~4回分です。

あくまでも目安ですが、シーツを変えるか否か迷った際にはこの回数を目安にするのもいいでしょう。

出かける前にシーツが汚れていれば、変えて出て行ってあげ、帰宅後汚れていたら変えてあげるなど、犬のおしっこ回数と性格を見極めてあげることが大切です。

薄手タイプでおすすめ「クリーンワン こまめだワン」

薄手タイプなので安く、こまめにシートを変える飼い主にはピッタリです。

ゴミに出してもかさばらないのもいいです。

厚手タイプでおすすめ「シーズイシハラ ダブルストップ」

厚みがあり吸水ポリマーもたっぷり入っているため足濡れしづらいです。

消臭のために炭の成分が入っているので、臭いも気になりません。

犬のトイレシートは毎回変えなくても大丈夫?

犬のトイレシートの交換頻度

犬のトイレシーツは毎回変えなくても大丈夫です。

なぜなら、先述したように犬のトイレシーツは薄手のものでも、小型犬2~3回分のおしっこを吸水するからです。

しかし、中型犬や大型犬の場合はおしっこの量も多いので注意が必要です。

そして1回おしっこをしたシーツでは再びおしっこをしない犬は毎回変える必要があります。

また子犬は、「トイレのしつけ」が必要です。

その場合は、なるべくトイレを常にきれいな状態にしておくことが重要です。

そのため安価なシートを毎回替えるといいでしょう。

また、しつけるシーツというシートにおしっこを誘発するような香りが付いたシートもあります。

トイレのしつけに困ったら、そういったアイテムの使用もおすすめします。

しつけるシーツ NEO 幼犬用

この商品は、犬にしかわからないにおいでペットシートへ誘導するので犬のトイレの成功確率が上がります。

犬は成功を積み重ね、飼い主に褒められ覚えていくので、一度でもトイレシートの上でおしっこができることがとても重要です。

最初のトイレのしつけが必要な段階では、しつけるシートを使い、トイレの成功率が上がってきたら通常のシートを使うとスムーズにしつけができるかもしれません。

また、シート部分が強い不繊維で作られているので、子犬がやりがちなシートのいたずらを防いでくれます。

犬のトイレシートは、毎回替えなくていい場合がほとんどですが、犬の性格や場合によっては毎回交換が必要な場合もあります。

犬のトイレシートの交換頻度まとめ

犬のトイレシートの交換頻度
  • 犬のトイレシートの交換頻度は、犬の性格や大きさ、シートの種類、飼い主のライフスタイルによって異なる
  • トイレシートは値段が高い物は吸水ポリマーがたくさん入っており、交換頻度が少なくて済む、逆に安い物だと吸水ポリマーが少なく交換頻度が多く必要。
  • 犬のトイレシートを変えるタイミングは、シーツによって異なるため、パッケージに記載があるおしっこの回数を目安にすると良い
  • 犬のトイレシートは毎回変えなくても大丈夫
  • 子犬の場合は、トイレのしつけが必要のためトイレシートを毎回変えてあげた方が良い
  • しつけ用のシートもあるため、しつけをスムーズに進めたい人におすすめ

今回は犬のトイレシートの交換に関する疑問についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索

犬の冬の寒さ対策の必需品!
  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬のトイレ