犬は寒さに強い?何度まで大丈夫? 犬が寒い時のサインは?

2022年12月21日

犬は寒さに強い?何度まで大丈夫?

犬は寒さに強い?何度まで大丈夫?

犬が寒い時のサインは?

犬は寒いと寝ない?

犬の寒さ対策は?

こんな犬の寒さ対策に関する疑問についてご紹介いたします。

犬は寒さに強い?何度まで大丈夫?

犬は寒さに強い?

犬は寒さに強いのか?最低気温は何度まで耐えられるのか?

冬になるとこんな疑問も出てくるはずです。

その答えは犬によって差があり、風や湿度などの影響もあるため、一概に何度までなら大丈夫ということは言えません。

しかし、目安として7℃以下は寒いと感じる温度で-4℃以下は危険な温度と考えることができます。

また、低体温症や凍傷は命にかかわるので、十分に注意することが大切です。

特に犬の前足は寒さに弱いので、氷や雪などに触れないようにカバーをしておくことが大切です。

また、水分や栄養を適切に補給して体力を維持し、体温の上昇を促すことも必要となってきます。

ハスキーのような犬種は、雪遊びを楽しむこともあるほどで、多くの犬が何世紀にもわたって寒い地域で生活できるように進化してきたことはよく知られています。

しかし、ハスキーような厚い被毛を持たない犬は、寒さに耐えることができるのでしょうか?

それとも、どの犬もある程度の防寒対策が必要なのでしょうか?

多くの犬は日本の冬の寒さくらいなら耐えることができますが、北極圏の犬種のように雪遊びを楽しめるとは限りません。

寒くなって気温が下がると、寒い場所や環境は犬にとって危険になる可能性もあります。

高齢の犬は体温調節が難しいので、年齢や犬種によっても違いがあります。

また、グレイハウンドやチワワなどの犬種は、他の犬種ほど体温を上げることができないため、より防寒対策が必要になる場合があります。

犬が寒い時のサインは?

犬が寒い時のサイン

犬が寒がっているときのサインはどのようなものなのでしょうか?

また、犬は寒いとどのような行動をするのか?

犬が寒さを感じているときは

  • 震える
  • 体を縮こまらせる
  • 暖かさを求める
  • 巣穴を探している

などのサインを見せることがあります。

冷たい鼻を鳴らしたり、抱っこをせがんだりと犬は寒さを感じると私たちにこんな行動を見せます。

寒い季節を暖かく快適に過ごすためには、犬にとっての寒さを理解することが大切です。

ほとんどの犬は、毛皮で覆われているため、暖かく快適な状態を保つことができます。

しかし、グレイハウンドやチワワなどの短毛種や無毛種など、特定の犬種は寒さを感じる危険性が高くなります。

震えは、寒さに対する犬の自然な反応です。

これは、熱を発生させ、体温を維持するのに役立ちます。

同様にハドリングとは、犬が小さく丸くなることです。

これは、犬が熱を節約しようとしているサインであり、暖かさを必要としていることを示しています。

さらに、犬が日当たりのよい窓際や暖房の効いた毛布、あるいは自分の膝など、暖かい場所を探しているのも寒いサインです。

最後に、犬が寒がっている時はどこか潜り込めるような巣穴を探していることもあります。

そんな姿を見つけた時には潜り込みやすい場所を確保してあげましょう。

犬は寒いと寝ない?

犬は寒いと寝ない?

犬が室温が低過ぎると寝たくないと思うのはごく普通のことです。

犬も人間と同じで、気温の変化に敏感で、自分が不快になるような状況に身を置きたがらないからです。

そのため、部屋の温度が低すぎると犬はその中で眠りたがらないことがあります。

防寒用の毛布や肌触りのよいベッドなどを使って眠りやすい環境を整えても、部屋自体が寒いままでは意味がありません。 

さらに、部屋が暖かすぎる場合も、犬が眠りたがらないことがあります。

 犬が快適に過ごすには、犬が寝る部屋の温度を把握することが大切です。

暑すぎず寒すぎず、その子に合った快適な温度を選んであげましょう。

また、犬も人間と同じように興奮するとなかなか寝付けないことがあります。

そのため、散歩やキャッチボールで興奮した後、なかなか寝付けない子犬も少なくありません。

ですから、寒すぎる部屋で眠れないのは、犬が落ち着かず、リラックスできないからかもしれません。

例えば、心を落ち着かせる音楽やアロマテラピーは、犬がリラックスして眠りにつきやすい環境をつくるのに役立ちます。

就寝のかなり前から、犬に十分な運動やアクティビティをさせて、1日の終わりには心身ともに疲れ果て、寝る準備を整えてあげましょう。

また就寝の時間を厳守するようにしましょう。 

就寝時間を厳守することは、犬に眠る時間を教えるのに効果的です。

食事、運動、寝る前のリラックスタイムなど、一定のパターンを守るようにすると犬は何を期待されているかを知り、落ち着きやすくなります。

それでもまだ寒い部屋で苦労しているようなら、その空間を保温性の高いアイテムで満たしてあげると、寒さで早朝に目が覚めることが少なくなります。 

また、犬が常に温度によって不快な思いをしているようなら、睡眠環境を見直す必要があるかもしれません。

冷暖房器具を導入することで、犬が快適に眠れるようになります。

犬の寒さ対策は?

犬の寒さ対策

犬にとって冬は寒さに悩まされることが多く、大変な季節です。

飼い主さんにとって、寒い季節に愛犬を安全に快適に、そして暖かく過ごせる方法を知っておくことは大切なことです。

冬の間、犬を暖かく保つための最初のステップは、できるだけ寒さに当たらないようにすることです。

気温が低いときには短時間の散歩にし、あまり長い時間寒さにさらさないほうがよいでしょう。

被毛の短い犬には、寒い日のためにコートやジャケットを購入することをお勧めします。

また、寒い季節には長時間の外出を控え、暖かい室内遊びの時間を増やしてあげるなどでストレス発散をしてあげるとよいでしょう。

犬の寝具を選ぶときは、フリースやウールなど、厚みがあって保温性の高い素材を選びましょう。

プラスチックや金属製の固いベッドを使用している場合は、底面に断熱性の高い形状記憶フォームを敷いてあげるとよいでしょう。

そうすることで、寝具が断熱され、冷気の出入りを防ぐことができます。

また、毛布やタオル、ラグを余分に用意し、犬が自分で好きな場所に潜り込めるようにします。

犬がほとんどの時間を室内で過ごす場合、冬を快適に過ごすために、暖房の温度を少し上げることを検討してもよいかもしれません。

快適に過ごすための理想的な温度範囲は、20°C~23°Cです。

しかし、愛犬が快適に過ごせるのであれば、飼い主自身にとって最も快適と感じる温度範囲に調節することもできます。

食事を検討することでも犬の体温を保つことができます。

冬の間は犬に十分なタンパク質を摂取させることが重要です。

タンパク質は、体に余分なエネルギーを供給するのに役立ちます。

さらに、高タンパク食品の多くは必須脂肪酸のよい供給源であり、犬の皮膚や被毛の保湿と保温を助けます。

さらに、オメガ3系脂肪酸を加えてあげると、より健康的な食事になります。

犬の冬の寒さ対策の必需品!

犬の寒さ対策まとめ

  • 犬が寒がっているサインは目立たないことが多いので、犬が暖かく快適に過ごすためには、不快なサインに常に気を配ることが重要
  • 短毛種や小型犬の場合は、暖かいジャケットやコートを着せるなどして、防寒対策をしてあげると良い
  • 皮膚がひび割れていないか、鼻や肉球が冷えていないか、過剰に舐めていないかをチェックすることも犬の寒さ対策となる
  • 寒さを避け、十分な寝具と毛布を用意し、暖房を適切な温度に調節することは、犬を暖かく安全に保つために重要
  • タンパク質や脂肪酸を多く含むご飯を与えることで、冬をより快適に過ごすことができる

今回は犬の寒さ対策についてご紹介しました。皆様の愛犬の世話の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索

犬の冬の寒さ対策の必需品!
  • この記事を書いた人

マサ

20年以上の犬の飼育経験から得た知識を多くの愛犬家に発信しています。私の経験と知識が皆様の愛犬の世話のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。

-犬の寝床と睡眠